法律の事務屋 弁護士に脅迫被害を完全解決が出来るのか?

法律の事務屋弁護士に脅迫被害の完全解決が出来るのか?


脅迫被害相談 

脅迫被害解決

と検索すると

弁護士が上位に出てくるのが凄く多くなりました。

呆れました。

脅迫被害にあい、弁護士を探す人も多いようで

脅迫被害相談 弁護士と検索する人も多いようです。



脅迫被害に遭い

完全解決を求めるなら

弁護士などでは完全解決など出来ません。


しょせんは法律の事務屋に過ぎない弁護士が

脅迫者とガチで戦う事などありません。


脅迫被害における

弁護士の手段は

内容証明を送付するという

文書での解決なのです。

脅迫者の連絡先の電話番号や住所がわかってても

連絡したり来訪するのでなく

内容証明という文書送付なのです。


もちろん、全ての弁護士を否定するわけではありません。

弁護士が作成する内容証明送付という手段が通用するような相手なら、弁護士を使う選択もいいと思います。


脅迫者の中には

ヤクザ(暴力団)半グレ、不良

精神異常者

ストーカー

等、話し合いが全く通じない輩が沢山います。


相手が誰であろうが、危険な組織関係者であったとしても、


やり方はひとつ

内容証明を送付する

事なのです。


内容証明を送付して

相手が逆上したり

裏に回っての嫌がらせや脅迫になったりする可能性を全く考えません。


弁護士は

マニュアルどおりに

内容証明を送付する

事だけなのです。


そして、何らかの犯罪的な被害をうけたら

警察に行って下さい。

と言います。


弁護士は

貴方を身体を張って守ってくれることなど一切ありません。


もちろん、相手からの仕返しからも守ってくれることもありません。


法律の事務屋の

弁護士では

脅迫被害を相手からの仕返しも全くない完全解決は出来ません。


貴方や貴方の家族を守ってくれる事も一切ありません。


いまどきの弁護士は

仕事がなくて食べていけない弁護士も沢山います。

脅迫被害を解決するなどと宣伝してますが

騙されないように気をつけてください。


どんか弁護士だろうが

脅迫被害を完全解決は出来ないのです。


映画やドラマでは

弁護士が正義の味方で万能であるかのようなストーリーが多いですが

日本の弁護士の場合は

法律の事務屋であることを覚えたほうがいいです。

離婚訴訟とか金銭的な訴訟などではあまりわからないかもしれませんが、

本当のトラブルで弁護士を使った経験のある人は、

弁護士の限界はよくわかると思います。


弁護士の最終手段である

裁判での勝訴イコール

トラブルの完全解決

ではありません。



脅迫被害で

弁護士が完全解決など出来ない事を覚えておいてください。



 さくら生活安全相談解決所


http://sakuraoffice.biz/