悪党や詐欺師が弁護士を代理人にした時の対策

悪党や詐欺師が弁護士を代理人にした時の対策



詐欺師や悪党は

よく弁護士を防波堤にしてきます。


例えば

詐欺被害にあったのに

詐欺師が弁護士を立ててくるのはよくある話です。

今時の弁護士は生活出来ない弁護士も珍しくなくいるので、お金の為なら、何でも請け負う弁護士も多いです。


あくまで

悪党や詐欺師が弁護士を立ててきた場合の対策です。


基本的姿勢として

悪党や詐欺師が立てた弁護士など、相手にしてはいけません。

何故なら、

相手をする事により

悪党や詐欺師の思惑どおりになるからです。


思惑とは

防波堤としての弁護士

です。


弁護士だから

まともに話を聞いてくれる


そう思う人は多いです。

しかし現実は違います。


出てきた弁護士は

単なる悪党や詐欺師の代理人なのです。

弁護士の考えることは

依頼人の利益と弁護士自身の利益

しか頭にありません。


こんな弁護士を相手にする必要は無いのです。

時間の無駄だからです。


相手が弁護士を立ててきたら


必ず

その弁護士を相手にしなければならない

法律はありません。

単なる代理人なのです。


悪党や詐欺師が

弁護士を立てるのは自由ですが、

それを相手にするしないは被害者が決める事です。


悪党や詐欺師が弁護士を立ててきても相手にしない

これを原則として下さい。



悪党や詐欺師と戦う場合


相手のペースややり方でなく、自分のやり方やペースで戦う

これは大原則です。


自分のやり方で

悪党や詐欺師を追い込んでいくのです。

やり方は色々あります。



弁護士の対策です。


弁護士は来訪や電話よりも

まず

内容証明書を送付してくるのが大半です。


内容証明は書留ですので

郵便局員が来ます。


郵便局員がきたら

受取拒否でなく

例えば

あなたの名前が

山田花子なら


山田花子はこの住所には住んでません。

宛先不明にしてください。

と言いましょう。

そしてポイントとして

それをきっかけに

本当にその住所にはいない事にしてしまうのです。

具体的に言うと

郵便局で住んでる住所には

山田花子は居ない手続きをします。

郵便局員からは引越し先は?

と聞かれるので

今は住所不定で決まり次第手続きする話をして下さい。


郵便物が定期的にくるようなものがあれば、個別に一時的な住所変更をしてください。

実家なり私書箱を作ってもいいと思います。


郵便物上は

山田花子が住んでいない状態は

半年から一年くらいで十分だと思います。


これで

悪党や詐欺師が立てた弁護士は


内容証明送付

訴訟


何も出来ない状態になります。


日本の弁護士など出来る事はたかだか知れてます。



そして悪党や詐欺師を徹底的に追い込んでください。


悪党や詐欺師が何故

悪事や詐欺を働くか?


それは悪党や詐欺師自身、そして悪党や詐欺師の家族の為です。

いい暮らし

贅沢な暮らし

子供には最高の教育をさせたい


悪党や詐欺師達にとっては

悪事や詐欺は仕事なのです。


そんな悪党や詐欺師は何が守るものでしょうか


答えは明らかです


家族


です。


家族を徹底的に合法的に追い込んでいくのです。


悪党や詐欺師に情け容赦はしてはいけません。





さくら生活安全相談解決所


http://sakuraoffice.biz/