警察に対しての対応

警察に対しての対応 


今日は下記の記事を読みました。

酷すぎる記事です。


このような事件は稀かと思ってる人は、多いと思いますが、氷山の一角に過ぎません。

いかに日本の司法が先進国の中で最低かを表してる事件です。

日本の警察や検察が優秀だと思ってるのは、マスゴミに洗脳された日本人くらいです。


外国から見たら日本の司法は最低、最悪だと思われてます。


先進国なら、どこの国でも、取り調べの録音、録画全ての可視化は当たり前です。


屁理屈じみた理由で全面可視化にならないのは、日常的に違法な取り調べを警察や検察が行ってるからです。


以下が記事の内容です。



逮捕4回、勾留10カ月、内定だめに 詐欺で無罪の男性「犯人と決めつけられた」 

10/18() 6:30配信   京都新聞 



詐欺罪に問われ10カ月以上勾留された後、9月に大津地裁で無罪判決を受けた20代の大学4年の男性=大阪府=17日までに、京都新聞社の取材に応じた。客観証拠がほぼない中、滋賀県警と大津地検が「共犯者」の虚偽供述を別の共犯者に伝えて供述を引き出す強引な手法で、有罪立証に突き進んだ。「初めから犯人と決めつけられた。自分のように苦しむ人が今後なくなってほしい」と訴える。


「なんで黙秘すんねん。やってるからやろ」「しゃべれや、うそつくなや」


 昨年730、男性は大阪市内で大津北署の刑事3人に呼び止められ、逮捕状を見せられた。「え、どういうこと?」。心当たりがなく「身に覚えありません」と答えたが、「分かった分かった。あっち(大津)で話を聞くから」と手錠を掛けられた。

 容疑は、共謀し、高齢者から現金計200万円をだまし取った疑い。「共犯者」の知人とはアルバイトを通じて知り合ったが、詐欺グループの一員とは知らなかった。男性は知人らの供述によって特殊詐欺の「上位役」にされていた。

 答えることがないので、調べには黙秘した。「なんで黙秘すんねん。やってるからやろ」「しゃべれや、うそつくなや」「詐欺は長いぞー、4回は逮捕されるな」などと追及された。それでも黙秘し続け、攻めあぐねた担当の男性刑事は居眠りをし、「調べることがないなら終わって」と男性が起こす始末だった。


独居房「本当につらかった」


 逮捕は4回、勾留は10カ月に及んだ。就職活動で数社から内定を得ていたが、全部だめになった。大学は休学し、留年した。

 拘置所は独居房。「会話する相手が全くおらず、本当につらかった」。えん罪に関する本など段ボール6箱分の本を読んだ。母親が連日、大阪から面会に来てくれたのが支えになった。

 今年5月、「証拠隠滅の恐れがない」として保釈された。10カ月ぶりに大好物だったコーラを買った。拘置所の食事になれた舌には甘すぎて飲めなかった。

 927日の判決。知人が自分を陥れたのは分かっていたが、有罪になるかもしれない。不安を抱えて臨んだ法廷で、裁判官は「知人らの証言は信用性に重大な疑義がある」と無罪を言い渡した。傍聴席で母親が号泣し、自分も涙がこぼれた。

 県警も地検も、最初から決めつけて取り調べたと感じる。男性は「少しでも『やっていないのでは』という視点があれば変わったのでは」と話す。今月復学し、就活も始めるという。


以上


警察は正義の味方でしょうか?

全く違います。


捜査にしても捜査規範があり


捜査は

真実の究明

が建前になってますが


日本の司法の実態は


逮捕したら、

真実の究明

でなく

逮捕した人を

何が何でも犯人

に仕立て上げる事に躍起になってしてきます。


何故なら

逮捕して立件出来ないと

検挙率が下がるからです。


違法取り調べは

強要、脅迫、暴行

が珍しくなくあります。


冤罪など人の一生をめちゃくちゃにして

違法取り調べをした警察官や検察官

大した罰など何もありません。


違法取り調べをした警察官や検察官

懲戒免職の上、懲役刑に処するべきだと思います。


大した罰則もないのでやりたい放題です。



職務質問される人もいると思いますが


職務質問をうけたら

直ぐに職務質問受けてるところを警察官をいれて携帯で撮影しましょう。

撮影は違法ではありません。

そして、あまりにふざけた職務質問をしてきたらYouTubeに投稿しましょう。

違法な事をすれば

晒し者にされることが、世の中に蔓延したら、違法な職務質問も減るでしょう。


犯罪被害者の方が警察に行く時は


必ずボイスレコーダーなどで警察との会話は録音して下さい。

被害者が被害を警察に訴えに行ったら、まるで加害者扱いされたという相談が多いのです。

警察から不当な扱いをうけたら証拠を元に徹底的に追求しましょう。




濡れ衣や理不尽な事で警察に逮捕された場合


取り調べの姿勢


一番いいのは

完黙

です。


雑談さえもしない黙秘が

完黙

になります。


ただ完黙はかなりの精神力がいります。

出来る人は極々僅かです。



その次にいいのは

雑談はするけど事件の話は黙秘する事です。



日本の弁護士は


警察に全部正直に話してください


などとアドバイスする弁護士が大半ですが


話す事で不利になる可能性が高くなります。


警察は都合良く立件出来る様に作文が得意です。

べらべら話してると

いつのまにか

罪を認めてる内容の供述書が出来てる事は珍しくありません。


警察から逮捕されたら


ひたすら黙秘をすることです。


黙秘する事で

貴方が不利益を受けることはありません。



警察をまるっきり信用はしてはいけません。

自分の身は自分で守るしかないのです。



さくら生活安全相談解決所 

 脅迫解決 のプロです。

1984年創業

 脅迫解決 恐喝解決 不倫美人局 不倫脅迫 美人局脅迫 不倫の別れさせ 不倫の縁切り リベンジポルノ解決  ヤクザ( 暴力団  元ヤクザ (元ヤクザ) 半グレ  不良 からの 脅迫解決  ヤクザ( 暴力団  元ヤクザ (元ヤクザ) 半グレ  不良 との 縁切り解決

が専門です。


クライアントは

 芸能人 ミュージシャン プロスポーツ選手 政治家 大学教授 医師 会社経営者 知識人 教員 公務員  多種多様な 有名人 の方が多い 脅迫被害解決 専門の トラブル解決 事務所です。



さくら生活安全相談解決所 が必ず救済致します。

お守り致します。


さくら生活安全相談解決所は、ご依頼人を徹底的にお守りする正義の解決所です。



さくら生活安全相談解決所は、人間としての正義や筋道を重んじ、緊急の解決依頼は全国各地、即時出張解決を行なってます。


信じる者は確実に救われます。


緊急の解決依頼は

全国即時出張致します。


さくら生活安全相談解決所


http://sakuraoffice.biz/